アドテクの仕組みと成功事例

マーケティングネットワーク

デジタルマーケティングラボ
アドネットワークの仕組みと特徴

Shinsuke Hirose

デジタルマーケティングイメージ

デジタルマーケティングイメージ

アドテクノロジーについて ~この章の概要~

この章の目的は、まず「アドネットワーク」「DSP」「3PAS」「DMP」「アトリビューション分析」「アドベリフィケーション」などのアドテクノロジーの仕組みを理解することです。

そして、『成功事例と最新情報』でさらに知識を深めてください(本当に変化の速い業界なので、定期的にチェック!)。デジタルマーケティングラボの中でも、最も情報量が多い章になります。

アドネットワークの仕組みと特徴

Chapter

アドネットワークの仕組みと特徴

現在のアドテクの原点、アドネットワークについて図で分かりやすく解説します。アドネットワークの仕組みと特徴、アドネットワークでよく利用される行動ターゲティング(BTA)、リターゲティングについても説明します。

アドネットワークの仕組みと特徴

アドエクスチェンジの仕組みと特徴

アドエクスチェンジの仕組みと特徴について図で分かりやすく解説します。アドエクスチェンジはネットワーク単位でなく、広告枠単位で価格が決まることが特徴です。オーディエンスターゲティングについても説明します。

アドエクスチェンジの仕組みと特徴

DSP、SSPの仕組みと特徴

DSPとSSPの入札~広告掲載までの流れを図で分かりやすく解説します。DSPとSSPの仕組みを理解すれば、自社にとって本当にDSPが必要なのかが分かります。実際、DSPを使わずにアドエクスチェンジやアドネットワークに出稿する方が効果が高いケースはあります。

DSP、SSPの仕組みと特徴

3PAS(第三者配信)の仕組みと特徴

PAS(第三者配信)は定義が1つではないので紛らわしいです。まずここをハッキリさせましょう。3PASの仕組みと特徴を図で分かりやすく解説します。「配信」と「効果測定」に特化した3PASを使いこなせば、あらゆるWeb施策を最適化できます。

3PAS(第三者配信)の仕組みと特徴

アトリビューション分析の方法

アトリビューション分析は目的に合わせて5つのモデルを使い分けましょう。視点は「どのタッチポイントを評価するか」アトリビューション分析を理解するために、アドテクがなかった時代~3PAS登場後のWeb効果測定、分析モデルの「4つの図」を用意しました。

アトリビューション分析の方法

アドベリフィケーションの仕組みと役割

アドベリフィケーションの仕組みと役割について解説します。役割は2つ「ブランド保護」と「見られる場所に広告表示」。これを使って“見られた広告”だけ計測、“見られなかった広告”を配信対象から除外できます。

アドベリフィケーションの仕組みと役割

DMPの仕組みと特徴

DMP(データマネジメントプラットフォーム)について図で分かりやすく解説します。データ蓄積が得意なDMPの導入によって、1stPartyデータと3rdPartyデータを組み合わせ、広告以外の領域も含めて、マーケティング施策の幅が広がります。ただし、導入には結構高いハードルがあります。

DMPの仕組みと特徴

PMPの仕組みと特徴

PMP(プライベートマーケットプレイス)について解説します。PMPは参加できる広告主とメディアが限定された、プログラマティックな広告取引市場のことで、オープンマーケットで購入できる広告枠よりも広告枠の品質が優れています。PMPには、3つの取引方式があるので、この違いを押さえましょう。

PMPの仕組みと特徴

CDPの仕組みと特徴

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)について解説します。CDPは顧客一人ひとりの属性データや行動データを収集・蓄積・統合するためのデータプラットフォームです。キーが顧客個人であることが特徴で、Web訪問履歴を代表とするログデータに限らず、オフラインの購買情報や位置情報、アスキングデータ、IoT対応の製品から得られるデータなども収集・統合します。

PMPの仕組みと特徴

アドテクの成功事例と最新情報

アドテクに関する成功事例と最新情報をまとめました。アドテクから生まれた新しい広告フォーマットの解説、業界トピックに関する著者の考察、RTB広告枠の品質調査結果など、デジタルマーケティングラボの中でも最も情報量が多いコンテンツです。

アドテクの成功事例と最新情報

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP