Digital Marketing Lab
広瀬 信輔

  • プロフィール
  • ごあいさつ
  • お問い合わせ

プロフィール

小栗旬(おぐりしゅん)/イケメンIT社長

経歴

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。新規事業開発にも携わる。2015年、株式会社イノ・コード 取締役 CMOに就任。

小栗旬(おぐりしゅん)/イケメンIT社長

また、自身が運営するマーケティング情報メディア「Digital Marketing Lab」にて、フリーのマーケティングコンサルタントとしても活動。2017年、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供する、ディーテラー株式会社を創立。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

2021年、公正取引委員会 デジタルスペシャルアドバイザーを受嘱。デジタル市場における競争政策の的確な運営のために活動。

友達になるフォローする

アドテク 本

著書:『アドテクノロジーの教科書 ~デジタルマーケティング実践指南~』(版元:翔泳社)

PDF版も販売中!(翔泳社の通販「SEshop」)

※Amazon「マーケティング・セールス全般カテゴリ」において、ベストセラー1位獲得!
※1万部突破、全国30の大学図書館に所蔵。

Amazonでチェック楽天ブックスでチェック

アドテク 本

イベント出演/講演/執筆/取材協力/その他の活動

ごあいさつ

「Digital Marketing Lab」を作った背景

デジタルマーケティングラボは、「全てのWebマーケター」に向けて、デジタルマーケティングのノウハウを提供するマーケティング情報サイトです。

私はクライアントサイドのマーケターです。新しく誕生する、アドテクノロジーや広告商品、デジタルマーケティングの仕組みについて研究し、自社への導入判断を行う立場です。

媒体社や、広告代理店の立場(セルサイドの立場)では、話が自社サービス中心にならざるを得ません。そして、デジタルマーケティングのカンファレンスやセミナーで情報を発信するのは、セルサイドの方々がほとんです。

しかし、マーケティングを1番理解しないといけないのは、セルサイドではなく、クライアントサイドにいる現場のマーケターです。マーケターは、幅広いマーケティング知識とノウハウを、“フラットな目線”で学び、それらを活用する術を身に付ける必要があります。

そこで、同じ立場で活躍されている方々へ、同じマーケターとして、「デジタルマーケティングを広く理解し、活用するための情報を発信したい」という想いがあり、デジタルマーケティングラボを作りました。

「地方企業」「中小企業」に伝えたい、デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、知識さえ身に付ければ誰でも始められます。地方や中小企業を含めた、全ての企業の強力なマーケティング手段となり得るものです。

しかし、デジタルマーケティングの情報やノウハウは、デジタル領域に強いプレーヤーが集まる都市部に集中しています。

デジタルマーケティングは、全ての企業が活用でき、予算ではなく知恵と工夫で進化させます。そのための知識を、デジタルマーケティングラボで身に付けていただければ幸いです。

1人のマーケターとして、デジタルマーケティング業界を支えたい

アドテクに限らず、ウェアラブルデバイス、AI、IoTなど、様々な分野のテクノロジーの進化によって、今後インターネット上の情報は、膨れ上がることが予想されます。それは、マーケターにとって、大きな“機会”です。

あらゆる情報を機会と捉え、マーケティングに活かせるマーケターが、今後のデジタルマーケティング業界を、支える存在になれると思っています。

同じマーケターの方々、広告代理店・媒体社、その他デジタルマーケティング関係者の方々、
一緒にこの業界を盛り上げていきましょう。

お問い合わせ

取材依頼や各種イベントの出演オファー、アポイント、広告掲載の依頼など、お気軽にご連絡ください。

ディーテラー株式会社にて、デジタルマーケティングのコンサルティングやアウトソーシングなど承っております。

▼ お電話はコチラ ▼

ディーテラー株式会社:03-6848-3300

株式会社マクロミル:03-6716-0700










※メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

※DMLの運営会社ディーテラー株式会社よりご返信いたします。

DML監修『2,000円のアクセス解析レポート』

Googleアナリティクスのアクセス解析レポート「ディーボード」

DeeBoard(ディーボード)
Googleアナリティクスのログインすら面倒に感じる方へ。「誰でも普通に使える」アクセス解析レポート。
アクセス解析レポート『DeeBoard(ディーボード)』

DeeBoard for EC
通販サイト専用。商品別、性別、年齢別、デバイス別、曜日別、時間別、地域別の売上分析や、カゴ落ち率も分かる!
ECサイト アクセス解析レポート『DeeBoard for EC』

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP