SEO内部対策の実践方法

SEO内部対策

SEOキーワードの選定

SEOキーワードの選定とは、上位表示させるべきキーワードを色々な手段で抽出することで、SEO内部対策の起点となるところです。非常に地味で辛いタスクですが、とても大事なことです。各“ページ”に対して「SEO対策キーワード」を決めることがここでのゴールになります。

SEOキーワードの選定

HTML論理的構造化

HTML論理的構造化とは、検索エンジンロボットにそのページの“テーマ性”を認識してもらうためのHTML記述のテクニックです。テーマ性を認識させることでページ単位のSEOが実現でき、多くのキーワードで上位表示を狙えるようになります。個人的にはSEO内部対策で最も重要なところだと思います。

HTML論理的構造化

リンクジュースとページランク

Googleが示すWebページの重要度の指標であるページランクと、“リンクジュース”のコントロールによってSEO効果を高める方法を解説します。また、ページランクやnofollowリンクをWebページ上に常に表示させる便利なWebツールや、その他のリンクチェックツールについても紹介します。

リンクジュースとページランク

内部リンクの強化

Webサイトは外部リンクだけでなく内部リンクによっても評価されます。内部リンクを強化することで、そのページのテーマ性を検索エンジンに対して強調することができます。実装はそれほど難しくないのですが、画像リンクとテクストリンクの使い分け(使いどころ)など、あまり知られていないテクニックもあるので、チェックしてみてください。

内部リンクの強化

外部リンクの強化

SEO内部対策における外部リンク(発リンク)の施策について。リンクジュース関係の話なので、まずは「リンクジュースとページランク」を読んでいただければと思います。「rel="nofollow"」によるリンクジュースのコントロールと「iflame」による発リンク数の調整方法について解説します。

外部リンクの強化

クロール効率化

「robots.txt」や「sitemap.xml」を設置してロボットに無駄なく効率的なクロール(リンクジュース配分)をさせる方法の他、FlashやjavaについてHTML上の記述のポイントや、URLの正規化、リンク切れなどのSEO阻害要因の除去について解説します。

クロール効率化

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP