外部リンクの獲得

SEO効果がある外部リンクを選ぶ視点

効果があるリンクとは自然発生的なリンク

ナチュラルなリンクはSEOにとって効果があると言えます。ナチュラルリンクを獲得するにはユーザーに支持されるコンテンツ作りに注力することが、絶対であり普遍的なSEO対策ですが、ここではコンテンツの話は置いておいて、効果のある外部リンクとは具体的にどんなリンクか?ということをロボットの気持ち(想像)に例えながら説明したいと思います。

関連性の高いページからのリンク(title、hx、アンカーテキスト、アンカーテキスト周辺のキーワード)

ページ同士の関連性(レリバンシー)が高いことは○

⇒ 【ロボットの気持ち】ユーザーにとって関連するページへのリンクはプラスだよね?

評価(ページランク、オーソリティサイト)の高いページからのリンク

リンクポピュラリティ(リンクの質と量からWebページの重要度を判断する仕組み)という考え方(量より質!)です。オーソリティサイトとは、その分野で有名で検索エンジンに重要視されている権威(Authority)あるサイトのことです。

オーソリティサイトの構成要素
  • 存続期間(ドメイン年数)
  • コンテンツ量(ページ数) ※低品質コンテンツの量産は×
  • 更新頻度
  • テーマ・専門性
  • アウトバウンドリンク
  • インバウンドリンク/ダイバーシティ/クオリティ
  • コミュニティ(ソーシャルやメディアで言及されているサイト)

⇒ 【ロボットの気持ち】評価の高いサイトがリンク(支持)しているサイトは、良いサイトだよね?

リンク元ページの発リンク数が少ないリンク

被リンク指数(ページランク/発リンク数)が高いことは○

⇒ 【ロボットの気持ち】リンク元の発リンクが少ないということは支持したいリンク先が明確になるよね?

ユーザーにクリックされやすい位置に設置してあるリンク

逆に、フッターへのリンク詰め込みなどは×

⇒ 【ロボットの気持ち】本当に支持したいリンク先ならユーザーがクリックするような位置に設置するよね?

色々なタイプでのリンク

アンカーテキストでのリンクは確かに有効ですが、やりすぎは禁物です。

⇒ 【ロボットの気持ち】自然なリンクなら「キーワード」「社名」「URL」「画像」「指示語」色々なタイプがあるよね?

ドメイン分散、IP分散されているリンク

今やリンクを販売している業者はコレがないと売れないと思います。ドメイン分散は「ルートドメインが異なること」、IP分散は「クラスCで分散されていること」が最低条件です。

⇒ 【ロボットの気持ち】自然なリンクならリンク元のドメインやIPアドレスは違うはずだよね?

一定の割合で適度に増えるリンク

逆に、急激に増えるリンクは不自然なので危険。

⇒ 【ロボットの気持ち】自然なリンクなら急激に増えたりはしないよね?

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP