巨大な競合サイトに勝利した、誰でもできるSEO対策事例

イントロダクション

巨大すぎる競合サイト「サーベイモンキー」

著者が勤める株式会社マクロミルで、Questantというアンケートツールのサービスを立ち上げた時(2013年10月)の話です。

これの競合サービスにUSのSurveyMonkeyというアンケートツールがあります。

「SurveyMonkey」のSEO対策は非常に優れており、数々のキーワードで上位表示をしているWebサイトです。ページ数は2万以上、ページランクは「7」あります。

サーベイモンキーとクエスタント

そのカラクリについて説明すると、ユーザーがこのアンケートツールを使って、Webアンケートを作成すると、サーベイモンキーのドメインでアンケートページが作成されます。作成されたページのテキストは、ユーザーがアンケートのために書いたテキストなので、オリジナルコンテンツです。よって、ユーザーがアンケートを作る度に、オリジナルのコンテンツが量産され、SEO上非常に強力なコンテンツができます。

また、ユーザーがアンケート回答者へ告知するためにアンケートページのリンクをWebサイトに張ると、サーベイモンキーへの被リンクとなり、外部SEO対策になります。これがページランク「7」の所以です。ページランク「7」はWikipediaクラスです。

対して、Questantはページ数も60ページ程度からのスタートで、新規ドメインなのでページランクも「0」でした。普通に考えると、到底太刀打ちできない程の差です。しかし、非常にシンプルな施策でこの差を詰めることができました(しかも予算をかけずに)。以下で、実施したことを説明します。

「Website Explorer」を使った、徹底的な競合分析

無料のSEOツールを使いこなすだけで良い

競合サイトの分析に「Website Explorer」という、無料のSEOツールを使いました。デジタルマーケティングラボのWebマーケティングツール(SEOツール/Webツール)でも紹介していますが、これが反則的なほどに強力です。

Webサイトエクスプローラ

Website Explorerでできること
  • Webサイトのページ情報をツリーリストの形で、Excelファイル出力
  • 「meta description」「title」「h1」など、SEO重要タグの情報も出力

このSEOツールを使って、“徹底的”に競合サイト分析を行った

ツリーリスト SEO重要タグの情報

↑は自社サービス「クエスタント」のWebサイト情報を抽出したものです。

このツールにより、競合が対策しているワードやページを把握することができます。そして、これら競合ページに対抗する“良質なページ”を、Googleの月間検索ボリュームを参考に、優先順位をつけて作成していきます。

※競合が対策しているワードは自社にとっても、「アクセス数が増加する」「コンバージョンに繋がる」良いワードの確率が高い

対抗ページを作成する上で意識したこと(対クローラー)
対抗ページを作成する上で意識したこと(対ユーザー)
  • 競合ページよりもデザインを綺麗に
  • 競合ページよりも内容を分かりやすく
キーワード検索ボリュームを確認するツール
Google AdWords キーワードプランナー

SEO結果

サービスリリース後13ヵ月で、サイトスコアが競合サイトを上回る

実施したことは本当にこれだけです。しかし、目に見えて検索順位が改善されました。

下のグラフはサイトスコアの推移を表したものです。サイトスコアとは、GRCという検索順位チェックツールで使用できる検索順位スコアの合計(1位=10点、10位=1点 など)で、いわばSEOの総合点です。

事前に、自社サービスと競合サービスに有効と思われるキーワードをピックアップし、その検索順位をトラッキングしました。

検索順位をトラッキングするツール
GRC

結果は、サービスリリース後13ヵ月で、サイトスコアが競合サイトを上回りました。これはつまり、「狙った有効なキーワードで競合サイトよりも上位表示できている」ということを意味しています。

サイトスコア

総括

分析もコンテンツ制作も時間がかかるので、めんどくさいと思われるかもしれませんが、このやり方は今でも「最強のSEO対策」だと思っています。

最強のSEO対策=「内部対策で正しいコーディング」×「徹底的な競合分析でページ増強」

この方法以外で、巨大な競合サイトに勝てる方法が思いつきません。

余談ですが、SEO対策について、スキルを持った人材が、もともと社内にいたわけではありません。SEO対策でお金をかけたのは、内製化のための企業向けSEO研修を数時間受けたくらいです。しっかり勉強すれば、誰でもマスターできます。

お世話になった会社:網羅株式会社

SEO対策を始めた頃、マクロミルのWebマーケターは著者1人だったので必要に迫られて覚えた感じはありましたが、今新しく採用した人材もコーディングが全くできないところからスタートして、実務を任せられるまで1年で成長しています。

SEO対策はベースの知識云々よりも「好きか嫌いか」だけな気がします。今本当にそれを実感しています。

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。2015年12月現在、Webマーケティング部門の責任者として同企業に所属。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP