自分でできるSEO、業者でないとできないSEO

投稿者:ウェブマッチ!

自分でできるSEO対策

Googleをはじめとした検索サイトの役割は、○○というキーワードで検索した人に「あなたは、こういうサイト探しているのでしょう?」と、関連性の高いウェブサイトを選択し、順位づけをして表示してくれるものです。その判断や、順位づけを行うのがサーチエンジンです。

サーチエンジンは、ユーザーが求めている情報が、掲載・網羅されているサイトを上位に表示させるような仕組みになっています。とはいえ、ユーザーに求める情報というのが何を指しているのか?具体的になにをすればいいのか?というのはわかりづらいかと思います。

またそれ以前に、まずはサーチエンジンに、あなたのページがどのような情報を掲載しているページなのかを認識させなくてはいけません。ここでは、まずサーチエンジンに認識されるための最低限必要なポイントを以下にあげます。

  1. SEO対象ページが、検索エンジンに評価されやすい構造で作られている
  2. SEO対象ページが、最適なキーワードが用いられている
  3. SEO対象ページが、関連性の高いリンクを受けている

まずこの3点が基本です。SEO対策として自社のウェブサイトを上位に表示させるためには、以下のような対策とその効果があります。

(1)と(2)への対策:SEO対象ページを検索エンジンが読み取りやすい構成にし、最適なキーワードを、適切な頻度で使う。
⇒ その効果:サーチエンジンが「検索のキーワードに適合しているサイト」と判断する可能性が高くなる

(3)への対策:SEO対象ページ外から関連性の高いリンクを得る
⇒ その効果:サーチエンジンが「検索キーワードと一致するサイトとして支持されている」と判断する可能性が高くなる

(3)はいわゆる「外部リンク」の話になります。現在、外部リンクにおいては、様々な議論がありますので、断定的なことは言えませんが、ユーザーにとって、本当に有益なコンテンツやページであれば、自然とページのシェアやリンクが生まれていくようになります。そのようなコンテンツを制作していくことでリンクを獲得していくことは重要であるということは言えるでしょう。

まず最低限、自分でできることをしよう

今回の「自分でできるSEO」というテーマにおいて、自力でできることを一つずつ行っていきましょう。まず手始めとしてできることは、上記(1)にも上げた通り、SEOで上げようとしているページに「関連するキーワード」つまり、表示されるきっかけとなる「単語」を要所、要所に増やしていくことです。

具体的には、例えば、フランス産のワインを格安で販売しているとしましょう。その場合「フランス」「ワイン」「格安」といったキーワードで顧客が検索したときに検索結果の上位に表示されたいなら、少なくとも、これらの単語がウェブサイト内に、自然に、かつ適切な頻度で使用する必要があります。

表示順位を上げたいがために、むやみに乱用(例えば、ページ内に100個ずつ「ワイン」を入れるなど)すると、サーチエンジンからSEOのために故意的な手法を行っていると見なされ、評価をされなくなってしまう可能性があります。あくまでユーザーの目を意識して、「自然な文章の流れで適切に」というポイントを踏まえる必要があります。

もうひとつ、サイトの構成の話がありますが、これは知識がないと、中々適切かどうかはわからないものですので、もしサイトの制作を依頼した会社がいるようであれば、きちんと階層などが整えられているかを確認してもらったり、SEO業者に診断をしてもらったりするのが早いでしょう。

自分では難しい「SEO対策」

SEO対策において、自分でできない(効果を出すのが大変な)ことはなんでしょう?まず確実に言えることが一つあります。それは「サーチエンジンの中身を知ること」です。サーチエンジンは、極めて複雑な処理手順によって選択と順位づけをしています。そのアルゴリズムは、日々複雑化・高度化していて、頻繁に変更されています

サーチエンジンが「キーワードに対する答えがページ内にあること」「そのページがシェアやリンクを受けていること」といった要素で評価をつけ順位づけしていることは分かっていますが、果たして、それがどれくらいの比率で重視され、順位づけに影響するのかを具体的に知ることは、誰にもできません。

いわば、サーチエンジンの中身は「ブラックボックス」です。ようするに「不明」なのです。SEO業者も、サーチエンジンの中身を完璧に知ることは難しいでしょう。SEO業者は、外部からサーチエンジンを分析し、また技術的なトレンドを追いかけながら仮説を立て、サイトの構造を変更したり、コンテンツを作成したりと、トライ&エラーを繰り返すわけです。

つまり、自社で行う場合、一度、サイトの内部やキーワードを整えただけではダメで、日々これを追いかけ、改善を繰り返さなくてはいけません。それ相当の技術と専門性が必要ですし、SEOやコンテンツの制作に詳しい専任スタッフを採用しなければいけないといったマンパワーも必要です。それを「買う」という視点で見た場合、SEO業者へ委託をするという戦略は有効であると言えます。

もう1つは、「サイト外部からのリンクを集める」ことです。ここにも専門的な技術やマンパワーが必要となってきます。昨今の状況でいえば、故意的に何百、何千とリンクを集めることや、人工的なリンクは評価されず、それどころかむしろ悪質なページとみなされてしまう危険性をはらむようになってきました。例えば、ワインをウェブで販売する場合に、その商品や価格、サービス内容などがユーザーから支持されれば、外部からのリンクは自然と増えていきます。

  • 「おいしいワインが格安で買えるサイトのまとめ」
  • 「このサイト、〇〇のサイトよりも安い!」

といった具合に、たとえば、SNSやブログ、コミュニティサイト、まとめ系のサイトなどでユーザーがつぶやいてくれれば、それで自然なリンクが生まれていくわけです。これを、「自然に作られていくリンク」という意味で「ナチュラルリンク」と呼びます。このナチュラルリンクを作るようなコンテンツ・仕掛けをいかに作るかが重要です。

これを自分でやろうとするのは非常に大変な作業です。この部分は、良いSEO業者とそうえない業者を選ぶ上でも、重要な観点になってきます。良いSEO業者とは、きちんとそういったことを考えて、コンテンツ作成の提案や、サイト内部の改善の提案を行うところです。

まとめ

本稿で言いたいことを2つにまとめると

  • SEOは、できるところはまず自分で行う。
  • 自分では難しい専門的な技術や知恵、作業が必要なことを業者に依頼する。

ということです。いちばん危険なことは、はじめにも述べた通り、SEO業者に全てを丸投げをして、「結果が出ないからあの業者はダメなんだ」と乗り換えを繰り返すことです。SEOは、今日あげたものが明日には上位表示されて、問い合わせが来るといった即時効果が表れない分、日々の地道な努力と継続が必要です。もちろんSEOのプロのように専門的な勉強・知識をして、極める必要はありません。

しかし自分の商品やサービスの魅力は、自分が一番よく知っているはずなので、どんな業者よりも、ユーザーに一番よく伝えられるはずです。少なくとも自分のサイトの中身(文章など)は自分で精査し、制作をするといったことは行いましょう。自分でやった上で、「できないな」、「ここは難しいな」「これで正しいのかな」と思うことをプロの業者に診断してもらえばよいのです。

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

ウェブマッチ!

Webマーケティング分野専門の外注先比較・一括見積もりサイト。

Webを使ったマーケティング・販売代行を主軸とする株式会社オールコネクトが運営。

過去10万件以上の業者紹介実績あり。外注先探しのノウハウやお悩み解決方法を『ウェブマッチコラム』で提供。

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP