SEO対策結果公開 ~124のキーワード対策、98ワードがランクイン~

こんなサイトを作ったからには、いつかはやらないと思っていた自分のサイトのSEO結果公開

実施した内容とSEOの結果

SEO対策のために実施したことは、本サイトの『SEO内部対策の実践方法』に書いた内容になります。外部対策は主要ディレクトリ数個に登録したくらいです。なので、実施した施策のほとんどがSEO内部対策です。

結果は、下の画像の通り。

「デジタルマーケティング」「SEO対策 事例」「SEO対策 方法」「リスティング広告 キーワード」「リスティング広告 広告文」「アドテク」「SEO対策 事例」「第三者配信」「アトリビューション分析」などのキーワードで3位以内。98ワードが10位以内にランクインしました。

デジタルマーケティングラボのSEO結果

大事なのは“順位”ではない!そのキーワードで集客(CV)できているか

「CV」とはWeb上で定量的に把握できる「ゴール」です。ECサイトのように、Web上で完結するサービスなら「=購入(売上)」、BtoBサービスは「=お問い合わせ(売上に繋がる一歩手前)」などが多いでしょう。

キーワードの「量」と「質」、さらにSEO上での競合環境も把握し、対策するキーワードを選ぶ必要があります。「どうやってSEO対策キーワードを選ぶのか?」について、こちらで記事を書いていますので、参考にしていただければと思います。

「SEOキーワードの選定」はSEOで最初に着手すべき最も大事なことです。誰も検索しないワードで1位をとっても意味がありませんし、検索され流入が期待できるワードでも、ターゲット(見込顧客)が使用するワードでないとCVに繋げることが難しくなります。

デジタルマーケティングラボの場合は、商用ではないので明確なCVポイントはありませんが、「多くの方に読んでもらいたい」「多くのコンテンツを読んでもらいたい」と思っているので、PVやUU、1人あたりの閲覧数や滞在時間などがKPI指標になると考えています。なので、サイト開設から直近までのPVのグラフを公開します。とりあえず、順調に伸びてきていて良かったです。

デジタルマーケティングラボのアクセス解析結果

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP