リスティング広告のキャンペーン設定

費用対効果を高めるキャンペーンの設定

地域設定

地域別のレポートを確認し、CVした地域に特徴がある場合は地域を指定して配信

ネットワークの設定

  • Google AdWords
    • 「Google検索」「検索パートナー(Livedoorやgoo)」
    • パフォーマンスを確認して、検索サイトの検索結果にのみ広告表示させる場合は「Google検索」を選択します。
  • Yahoo! スポンサードサーチ
    • 「検索のみ」「検索を含むすべての広告掲載方式」
    • パフォーマンスを確認して、検索サイトの検索結果にのみ広告表示させる場合は「検索のみ」を選択します。

曜日配信

曜日別のレポートを確認し、CVした曜日に特徴がある場合は曜日を指定して配信します。

時間帯配信

時間帯別のレポートを確認し、CVした時間に特徴がある場合は時間帯を指定して配信します。

広告配信方法

  • 標準(通常はこっち)
    • 様々なライフスタイルのユーザーに対して、1日を通して幅広いユーザーに広告を表示する場合はこちらを選択します。1日を通して均等に広告が掲載されます。
  • 集中化
    • 毎日の予算を最大限に利用したい場合はこちらで選択します。予算に達するまで最大限に配信します。

配信対象外サイトの登録

無駄クリックを生むサイトは除外しておきましょう。ちなみに広告収入を得る(クリックさせる)ために作成されたサイトをアービトラージサイト(アビトラサイト)と呼びます。

アビトラに当てはまらないサイトだとしても、CVが全然出ないサイトは配信対象外にしておいた方が良いでしょう。例えば、利用コストの降順で掲載サイトをリスト化して、過去半年から1年以上CVが出ていないサイトでコストが高いものを削除するなど。

『ネットワークの設定』でAdWordsの「検索パートナー」やスポンサードサーチの「検索を含むすべての広告掲載方式」を選択している場合は、検索エンジン以外のWebサイト内に広告が表示されるため、無駄な広告表示を生む可能性があります。

配信対象外サイトの登録をうまく活用しましょう。

コンバージョンオプティマイザー(Google Adwords)

自動入札額調整機能

希望する1 件当たりのCPAを設定することで、Googleが自動的にCPCを調節してくれる機能です。AdWordsが言うには、「コンバージョンオプティマイザーを使用するとCVは平均21%増加し、CPAは平均14%削減されるというデータが出ている」そうです。

利用条件
  • キャンペーン単位
  • 直近30日以内のCVが15件以上
  • CPAの上限または目標値を設定
  • 「推奨単価を使用」を選択(任意) → これを下回ると露出がかなり制限される

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP