リスティング広告のアカウント構造

リスティング広告のアカウント構造

基本知識

アカウントは複数のキャンペーンで構成され、キャンペーンは複数の広告グループで構成され、広告グループは複数のキーワードと複数の広告文によって構成されます。

アカウント設計では、まず【キーワード】の選定を行い、それをもとに【広告グループ】を作成し、キーワードをグルーピングして広告グループにまとめます。

さらに広告グループをグルーピングして【キャンペーン】にまとめます。

デジタルマーケティングラボで紹介するリスティング広告のアカウント構成は、Googleが推奨する「正しいアカウント構成」に、ちょっとアレンジを加えたものです。

ちなみに、この記事を書いたのは2013年です。しかし、2015年9月現在、Googleはこのようなアカウント構成のことを「葉隠れ対応したアカウント構成」と呼んでおり、アカウント構造の見直しを広告代理店、広告主に啓蒙しています(なぜ、“葉隠れ”なのかは分かりませんが・・・)。

リスティング広告のアカウント構造

基本仕様

Google AdWords Yahoo! スポンサードサーチ
1アカウントに作成できるキャンペーン数 100個 100個
1キャンペーンに作成できる広告グループ数 2,000個 2,000個
1広告グループに登録できるキーワード数 10,000個 20,000個
1広告グループに登録できる広告数 50個 50個
キーワードマッチ
  • 完全一致
  • 完全一致(表記ゆれ含む)
  • フレーズ一致
  • フレーズ一致(表記ゆれ含む)
  • 部分一致
  • 絞り込み部分一致
  • 完全一致
  • 完全一致(表記ゆれ含む)
  • フレーズ一致
  • フレーズ一致(表記ゆれ含む)
  • 部分一致
  • 絞り込み部分一致
品質スコア/品質インデックス キーワードに付与、10段階表示 キーワードに付与、10段階表示
広告配信方法
  • 標準(1日の中で広告を均等に表示)
  • 集中化(できるだけ早い時間に広告を表示)
  • 標準(1日の中で広告を均等に表示)
  • 集中化(できるだけ早い時間に広告を表示)
予算設定 キャンペーン単位 キャンペーン単位
検索クエリ表示 検索クエリを表示できる 検索クエリを表示できる

GoogleとYahoo!の違い

部分一致キーワードの登録方法

e.g.「A B」の部分一致登録方法
  • Adwords:「A B」
  • スポンサードサーチ:「A B」「B A」

Adwordsでは逆順もマッチさせるが、スポンサードサーチは逆順をマッチさせない。 ⇒ 両方登録する必要がある

ロングテールキーワードの設定&入札

Google Adwords
  • ボリュームが少ないキーワードへの入札は除外される可能性がある
  • LPとの関連性が薄いキーワードも除外される
Yahoo! スポンサードサーチ
  • Adwordsよりも判定がゆるい

部分一致の拡張の精度が低い(スポンサードサーチ)

登録キーワードおよびランディングページによる総合的な関連性で広告を表示させる検索クエリが決まる

つまり、登録していないキーワードでも多数広告が表示される(除外キーワードの設定が必須)

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP