リスティング広告のキャンペーン設計

リスティング広告の成果を上げるキャンペーン設計

前回までの復習

ここからは、『キーワードマッチの数だけ広告グループを複製する』のところからの続きになります。広告グループが完成したので、残りは広告グループをキャンペーンとしてまとめるだけです。

アカウント構造はできるだけ細かい方がいいので、広告グループをそのままキャンペーンにするのが理想的なんですが、アカウント内のキャンペーン数の制約は結構厳しいです。

下記を参考に、広告グループをキャンペーンとしてまとめましょう。

広告グループの「プラス/マイナス」と「キーワードマッチ」でキャンペーンを作成

広告グループの「プラス/マイナス」「キーワードマッチ」でキャンペーンを作成します。

まず、広告グループの“プラス”と“マイナス”が分かれていることで、共通キーワードを持った広告グループ間の移動(プラス ⇔ マイナス)ができるので、移動させても広告グループ内のキーワードの関連性は弱まらず、かつ、移動先の広告文ともテキストが一致するようになります。広告グループの品質アップ

次に、キーワードマッチが分かれていることで、予算のコントロールがしやすくなります。同じキーワードでもキーワードマッチの違いで表示優先度が変わります。キーワードマッチごとの細かい予算運用ができるように、全く同じキーワードを別々のキーワードマッチで登録しています。

【サンプル】アカウントが完成するまで(その4)~キーワードの入れ替え~

【サンプル】アカウントが完成するまで(その4)~キーワードの入れ替え~

【サンプル】アカウントが完成するまで(その5)~キーワードの入れ替え 概念図~

【サンプル】アカウントが完成するまで(その5)~キーワードの入れ替え 概念図~

キーワードの貢献度(CPAやCV)で分類してキャンペーンを作成

キャンペーンは予算の単位です。効果が良いものに予算投下するなど、予算運用を柔軟に行うため、キャンペーンは必ず「キーワードの貢献度(CPAやCV)」でセグメントしてください。

まとめ方の視点
  • 獲得効率の良いキャンペーン ➝ CPA重視キャンペーン(予算を最もかけたいキャンペーン)
  • 獲得数大・CPA普通 ➝ CVボリューム重視キャンペーン(次に予算をかけたいキャンペーン)
  • 獲得数小・CPA普通 ➝ テールキーワードキャンペーン(CPAがあまり高くないものを寄せ集めたキャンペーン)
  • 獲得数大・CPA高め ➝ CVボリューム重視・高CPAキャンペーン(できれば予算はかけたくないが、獲得数が少ない時に利用)

先ほど作成したキャンペーン(キーワードマッチ × プラス/マイナス)を、上記のような視点で、キーワード貢献度別にグループ化します。CVRは検索キーワードによって大きく変動しますので、キーワードの種類でキャンペーンを分けることは、グループ化の視点としてOKです。この段階では、実績データがなく、貢献度が判断できないと思いますが、仮説を立ててキャンペーンを設計しましょう。

【サンプル】アカウントが完成するまで(その6)~キーワード貢献度別にグループ化~

【サンプル】アカウントが完成するまで(その6)~キーワード貢献度別にグループ化~

これで、アカウント設計は完了です。最後の「キーワード貢献度別のグループ化」は、アカウントに登録できるキャンペーンの数に注意して、キーワードのまとめ方を工夫しましよう。「まとめ方の視点」を参考に、必ず貢献度で分類してください。

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP