リスティング広告のキーワード選定

キーワードの選定と広げ方

あらゆるキーワードを使って検索する見込み顧客を包囲する気持ちで

見込み客になり得るユーザーは、どのようなキーワードで検索を行いアクションを起こしているのかを、ユーザーの思考を想像することが重要です。

このページの内容は『SEOキーワードの選定』の内容と、途中まではほぼ同じです。「キーワードまとめ作業」以降がリスティング広告のみのタスクになります。

キーワード選定の視点

  • そのキーワードを検索して流入したユーザーからCVは期待できるか(アクセスの質)
  • そのキーワードは実際に検索エンジンで検索されているか(アクセスの量)
  • 関連キーワードや複合キーワードで使えるキーワードはないか?(キーワードの幅)

このタスクは、いかにWebツールや過去のリスティング広告のデータなどを有効に使って、キーワードを選定していくかが肝です。ただし、SEOの時と違って「アクセスの量」は少ないからといって候補から外す必要はありません。なぜなら、リスティング広告は「クリック課金」なのでニッチキーワードを幅広く持っておく方が有利です。ただし、本当に意味のないキーワードが増えすぎると管理が面倒だったり、アカウント構造を悪化させる可能性があるため、しっかりと考えてキーワードを探しましょう。

【手順1】コンバージョンが期待できる(売上に繋がる)キーワードを探す

  • リスティング広告の検索クエリデータ
  • アクセス解析のCVログデータ
  • 競合が対策しているキーワード
  • 自社サービスに関する知識と勘、自社の顧客のイメージ

「リスティング広告」や「アクセス解析」のデータは実際にCVしたユーザーの検索キーワード情報なので、重要度は高いです。「競合が対策しているキーワード」も参考になります。検索エンジンで色々検索してみて、実際に広告を確認してみてください。

「自社サービスに関する知識と勘、自社の顧客のイメージ」は業者ではできない、その会社で自分が働いているからこそ思いつく部分です。ただし、あくまで想像なので、そのキーワードが実際に検索されるものかはチェックする必要があります。このチェックの部分は次の項で確認します。

【手順2】実際の検索数の確認

キーワード検索ボリュームを確認するツール
Google AdWords キーワードプランナー
キーワードウォッチャー
Google Trends
aramakijake.jp

これらのツールを使って実際に検索エンジン上でどのくらい検索されているかを調べてみてください。ちょっとした言い回しの違いだけで、検索数が全然違うかもしれません。ただし、この作業はキーワードを削ることが目的でなく、広げることが目的です。

【手順3】

関連語や複合語を探すために使用するツール
Google AdWords キーワードプランナー
rishirikonbu.jp

キーワードの幅を広げるには上のツールが有効です。さらに、「検索エンジンの入力補助」「検索サジェスト」も利用しましょう。

検索エンジンの入力補助 検索サジェスト

「同意語」「関連語」「言い換え語」「複合語」「掛け合わせ」など様々なキーワードを抽出しましょう。ここまでできたら、結構な数のキーワードが抽出できていると思います。ここからさらに、キーワードを数倍~数百倍に膨らませていきます。

キーワードまとめ作業

【手順1】抽出したキーワードを「メインキーワード」と「サブキーワード」に分類する

「メインキーワード」とは、ビッグキーワードや指名キーワード(社名)、商品名、ユーザーニーズを表す一般名詞など、ユーザーの検索の中心となるワードです。

「サブキーワード」とは、メインキーワードと組み合わせて検索されそうなワード、それ単体では使用されないようなキーワードです。

e.g.「比較」「おすすめ」「価格」「キャンペーン」「ランキング」「格安」「方法」「手法」「見積」

【手順2】最終的なキーワード一覧を作成する

先ほど分類したキーワードを掛け合わせて、最終的なキーワード一覧を作ります。3語組み合わせくらいまでで十分です。下のパターンを参考にしてください。

  • 「メインキーワード」1語
  • 「メインキーワード」×「メインキーワード」
  • 「メインキーワード」×「サブキーワード」
  • 「メインキーワード」×「メインキーワード」×「メインキーワード」
  • 「メインキーワード」×「メインキーワード」×「サブキーワード」
  • 「メインキーワード」×「サブキーワード」×「サブキーワード」

【手順3】キーワードグループを作成する

「キーワード一覧」をグルーピングします。この「キーワードグループ」が、後の「広告グループ」と「キャンペーン」の元となります。

同じキーワードグループは必ず、共通のメインキーワードを持つようにしてください。なぜなら、広告文のクリック率を上げたり、品質スコア・品質インデックスを上げるには、広告文にキーワードを含ませることが有効であり、ここで作成する「キーワードグループ」を元に「広告グループ」が作成されるからです。

広告グループには広告文をそれぞれ登録できますので、ここで共通のキーワードごとにグループを作成しておくことで、広告グループ内の全てのキーワード(最低でも1語)に一致した「広告文が」作成できるようになります。

【サンプル】アカウントが完成するまで(その1)~キーワード一覧とキーワードグループ~

【サンプル】アカウントが完成するまで(その1)~キーワード一覧とキーワードグループ~

「広告グループ」や「キャンペーン」はアカウント内で作成できる数に上限がありますが、「キーワードグループ」はアカウントに直接反映しない作業用のグループなので、特に数は気にせず、なるべく細かく設定しましょう。

グループを細かくすることで、小回りな運用ができ、様々なメリットがあります。リスティング広告の成功は、アカウントをどれだけ細かく作り込むかにかかっていると言ってもいいくらいです。

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP