リスティング広告の開始準備

部分一致と完全一致の使い分け見出し

完全一致の入札単価 > 部分一致の入札単価

  • 「●●●」という完全一致のキーワードでは常に上位に表示させたい
  • 関連する検索クエリにもできるだけ広く訴求したい

上記のような場合、「完全一致の入札単価 > 部分一致の入札単価」にすることで、限られた予算の中で“幅広く”“濃い”ユーザーに訴求できるようになります。

完全一致と部分一致に限らず、「限定的なキーワードマッチ」ほど単価は高めに設定することをお勧めします。なぜなら、キーワードマッチが限定的であればあるほど、こちらが想定したキーワードとの一致率が高くなり、ユーザーの確度(CVR)は高くなる一方、検索ボリュームは小さくなるからです。

ブランドネーム(指名キーワード)の入札

ブランドネームをリスティング広告で買うことに意味はあるのか?

例えば、社名などのSEOで必ず1位になるキーワードをわざわざリスティング広告で買う必要があるのか?という疑問は昔からありますが、個人的には「必要」だと思っています。

指名キーワード購入の理由

  • 自然検索のみで表示された場合よりも、自然検索+検索連動型広告に同時表示された方が「好感(+16%)」「概要理解(+14%)」「購入意向(+3%)」が高まるという調査結果がある
  • 指名キーワードはCPA/CVがかなり優秀
    • 1位に表示された場合、他のキーワードと比べてCVが多く獲得できる可能性がある
    • アカウント管理画面の「トップページの推定入札単価」を参考に、可能な限り1位に表示させる
  • 部分一致対策
    • 指名キーワードは単価が安いので、指名キーワードに入札しておくことで、「指名キーワード」×「一般キーワード」の部分一致入札額を下げる効果がある
  • 著者の実体験から
    • リスティング広告を3ヵ月ずつ「指名キーワードあり」と「指名キーワードなし」で入札してみて、リスティング広告含めたサイト全体のCVを比較したことがあります。
    • 結果、「指名キーワードを入札しないことによって失ったCV」の70%はSEOで補完できていましたが、残り30%(指名キーワードから得られるCVの30%)はそのままCVを失う結果となりました。
    • 当時、指名系のキーワードのCPAは他のキーワードの約1/3程度だったので、失ったCV30%分のコストとだけ考えても、特に全体の獲得効率を悪化させるものではなく、CVを伸ばせるので、「指名キーワードは購入する」と判断しました。

サイトリンク/クイックリンクの設定

表示される条件

プレミアムポジションに表示され、かつ品質スコアが高い場合のみ表示されます。条件は厳しいですが、設定して損はないので、運用開始前に設定しておきましょう。

リンク先ページにページ内リンクを設定(必要に応じて)

ページ内の指定箇所にジャンプさせる

縦長ランディングページの場合使えるかもしれませんが、リンク先URLを「●●●.com#アンカー名」としておくことで、ページ内の好きな位置にジャンプさせることができます。もちろん、LPにIDを指定しておく(ジャンプ先のタグに「id="アンカー名"」)必要があります。

ただし、メインビジュアルをファーストビューで見せられなくなるなどのデメリットもあるので、著者の場合は、これをやるくらいなら、LPをキーワードごとに作成して使い分ける方を考えます。

目標CPAの設定

アカウントの目標CPA

アカウントの目標CPAとは、すなわちリスティング広告全体のCPA(上限CPA)になります。これについては、その上位概念の『Web広告の目標設定』を参考にしてください。SEOによるコストがかからないCVもあるので、基本的にWeb全体の目標CPAよりも高めに設定してOKです。

ただし、広告施策だけで考えると、リスティング広告は非常にCPAが優秀な媒体のはずなので、他の広告施策よりは厳しめのCPAを設定しておくことが良いと思います。

キャンペーンの目標CPA

キャンペーンの目標CPAとはアカウントの目標CPAを各キャンペーンにブレイクダウンしたものです。全てのキャンペーンの目標CPAをアカウントの目標CPA以下にする必要はありません。なぜなら、CVが多く獲得できるキャンペーンは多少アカウントのの目標CPAをオーバーしても取りに行く必要があるからです。

オーバーした分は指名キーワードのキャンペーンなど、CPAを低く抑えるキャンペーンで補完していきます。こういった運用ができるのも、どれだけ細かくアカウントが設計できているかにかかっています。

アカウント設計に自信がない方は、もう1度『キーワードの選定』『キャンペーンの設計』を見直してみましょう。

この記事をシェア・ブックマークしませんか?

  • ブックマーク
  • ツイート

この記事の著者

広瀬 信輔(ひろせ・しんすけ)

マーケティング情報サイト『Digital Marketing Lab』の運営者。

1985年、長崎県佐世保市生まれ。西南学院大学 経済学部 国際経済学科 卒業。

2008年、株式会社マクロミルに入社。現在は同企業のオンラインマーケティング部門の責任者として、デジタルマーケティングを推進。

株式会社イノ・コード 取締役 CMOも務める。

2017年、ディーテラー株式会社を創立。メディアプランニング、Web広告運用、SEO対策、Webサイト制作など、デジタルマーケティング領域のコンサルティング及びアウトソーシングサービスを提供。ビジネスメディアでのコラム執筆やイベント出演、大手企業のマーケティングを支援。

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

著書:『アドテクノロジーの教科書』(版元:翔泳社)

友達になるフォローする

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP