ビューアブルインプレッション(Viewable Impression)とは

ビューアブルインプレッションとは、実際にユーザーが閲覧できる状態にあった広告インプレッションのことです。

アドネットワークやDSPなどのディスプレイ広告では、CPMという課金方式(広告インプレッションに対してコストが発生する課金方式)が用いられます。広告インプレッションは、Webページ上にある広告コンテンツがロードされたタイミングで発生するため、広告主は広告がユーザーの目に触れなかった(目に触れる位置までユーザーがスクロールしなかった 等)場合も広告コストを支払っているという問題があります(スマートフォンなどのスクリーンの表示面積が限られているデバイスでは、ビューアビリティが低い傾向にある)。

MRC(Media Rating Council)とIAB(Interactive Advertising Bureau)が定めたガイドラインでは、“広告ピクセルの50%が、スクリーンに1秒以上(動画の場合は2秒以上)表示された、広告インプレッション”を、ビューアブルインプレッションと定義しており、「ビューアブルインプレッション=広告掲載インプレッション×ビューアビリティ(%)」となります。また、ビューアブルインプレッションとアクティブビューは意味的には全く同じですが、若干用途が異なります。ビューアブルインプレッションは、“(ビューアブルな)インプレッションの量”を語る時に多く使われ、アクティブビューは、“(ビューアブルな)1つ1つの広告インプレッション(アクティブビュー)”を語る時に多く用いられる表現です(※定義ではなく、そういう用途で用いられていることが多いということ)。

2015年8月現在、広告主からの「(広告掲載インプレッションではなく)ビューアブルインプレッションのみに広告コストを支払いたい」というニーズは強く、広告の課金方式の1つとして採用されることが期待されています。しかし、ビューアビリティの基準は確定している訳ではなく、議論されている段階です。ビューアビリティの業界標準確定までには、いくつもの解決すべき課題が存在します。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP