リアルタイムマーケティングとは

リアルタイムマーケティングとは、「①企業がユーザーとシームレスかつパーソナライズされたコミュニケーションを行うことができる仕組みのこと」もしくは「②今、世の中に起こっている事象に反応し、ソーシャルメディアなどを介して、それを広告・PRに利用するマーケティング手法のこと」です。

①と②で全く意味が異なりますが、事実、どちらも使われています(ややこしい)。

①は、例えばチャット形式でサポートデスクとコミュニケーションできる仕組みや、Webサイト訪問ユーザーの行動情報から必要と思われる情報をパーソナライズしてリアルタイムに表示する仕組みなどがあります。ソーシャルメディア上のコメントをリアルタイムに分析して、企業側からアプローチできるような仕組み(アクティブサポートとか)もリアルタイムマーケティングの1つと呼んで良いでしょう。

②は、広告・PRの話です。有名なのは「スーパーボウル停電の時のオレオのツイート」とかでしょう。事前に予測できない事態に対して、企業がこれをPRに利用した点が数多くのシェアを生んだという有名な成功事例です。オレオの事例についてはこちらのWebサイトで説明があるので、気になる方はどうぞ。

参考:でじらぼ:「リアルタイムマーケティングを活用してソーシャルメディアを盛り上げよう!」

まとめると、①はCRMよりで、②は広告・PRのようなイメージです。どちらの意味としても使われることがあるのでご注意ください。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP