マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーションとは、マーケティングの各プロセスおけるアクションを自動化するための仕組みやプラットフォームのことを指します。顧客や見込み顧客に対して、どんなアクションをとってきたかを記録し、「最適なコンテンツを、最適なタイミングで、最適な方法で届ける」ことを目的に利用されます。「メール配信」「セミナー管理」「Webアクセス履歴」「フォーム機能」「リード管理」「スコアリング」など、マーケティングのアクションが集約されたプラットフォームです。

2015年7月現在、マーケティングオートメーションとDMPの連携やプレーヤーの買収が話題になっています。DMPはデータ(オーディエンスデータ)を蓄積・セグメント化することが得意なシステムですが、課題として「アクションに繋げにくい」ことがあります。DMPが得意とするところは、データの蓄積やセグメント化です。確かにディスプレイ広告配信(オーディエンスターゲティング)などの広告配信というアクションに繋げることはできますが、広告以外のマーケティング施策も含めて最適解を出すことはできません。「DMPのデータをどのように活用して、アクションに繋げるかは、クライアントに依存している」と言えます。

データを蓄積・セグメント化することが得意だがアクションが苦手なDMP。マーケティングのアクションは得意だが、3rd Patyデータの取り込み・セグメント化の機能などは無いマーケティングオートメーション。この組み合わせは、お互いの欠点を埋めつつ長所を生かせる理にかなった組み合わせです。この2つのシステムが統合された場合、おそらく上位レイヤーにくるのはマーケティングオートメーション側になるでしょう。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP