コンテキスト広告(コンテクスチュアル広告)とは

コンテキスト広告(コンテクスチュアル広告)とは、Webページのキーワード、文意、画像などをAI(人工知能)が自動で解析し、文脈に合った広告を配信する手法です。また、コンテンツの文脈に沿ったキーワードでターゲティングを行うことを、コンテキストターゲティング(コンテクスチュアルターゲティング)と言います。

ユーザーが閲覧しているコンテンツや文脈、画像を元に広告が配信されるため、閲覧しているユーザーの興味をひきやすく、よりユーザーに親和性のある広告を配信することができます。例えば、スキンケアの記事を読んでいるユーザーが、記事内の「洗顔の画像」「洗顔方法」などの文脈に接した際に、「洗顔」の広告を配信するイメージです。

似たような広告ターゲティング手法に、WebサイトやWebページをカテゴライズして広告配信を行う「コンテンツターゲティング」や、Webページ内に含まれるキーワードを指定して広告配信を行う「キーワードターゲティング」がありますが、コンテキスト広告(コンテクスチュアル広告)では文脈や画像をAIで解析し、配信対象を決定するところがポイントです。これにより、コンテンツターゲティングやキーワードターゲティングよりも、広告の内容と配信面のマッチ率が上がるというメリットがあります。

従来のコンテンツターゲティングやキーワードターゲティングでは、ドメイン単位のグループ化や、ページの一部のタグ(例えば、titleやmeta情報など)のキーワード情報をもとにしたターゲティングが行われることが多くありました。一方で、コンテキストターゲティング(コンテクスチュアルターゲティング)では、文脈でターゲティングするという性質から、配信先URLのフルパス分析(URL内の全てのテキスト情報の分析)を行っている広告サービスが主要です。そのため、膨大なデータを処理するためのAI活用がコンテキストターゲティングとセットになっていることが多いのです。

コンテキスト広告では、Cookieや広告ID、デバイスIDなどのユーザー識別子を利用しないことから、個人情報保護の観点からも期待される広告です。「人」ではなく、あくまで「枠」をターゲティングするのが、コンテキストターゲティング(コンテクスチュアルターゲティング)です。

ITP(Intelligent Tracking Prevention)GDPR(General Data Protection RegulationCCPA(California Consumer Privacy Act)など、個人情報保護のためのトラッキング制限機能や法案の影響により、ユーザーのCookieや広告IDを利用したオーディエンスターゲティング広告が制限される中、Cookieや広告IDに依存しないターゲティング広告として、コンテキスト広告やコンテキストターゲティングが注目されるようになりました。

コンテキスト広告を提供する企業として、2008年に設立されたアメリカのGumGumが有名です。GumGumでは、独自のAIがWebコンテンツの文脈を画像と文字の両方で識別してしてターゲティングを行っています。

他にも、Integral Ad Science社のADmantXや、スリーアイズ社のCandyなどのコンテキスト広告サービスがあります。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

DML監修『2,000円のアクセス解析レポート』

Googleアナリティクスのアクセス解析レポート「ディーボード」

DeeBoard(ディーボード)
Googleアナリティクスのログインすら面倒に感じる方へ。「誰でも普通に使える」アクセス解析レポート。
アクセス解析レポート『DeeBoard(ディーボード)』

DeeBoard for EC
通販サイト専用。商品別、性別、年齢別、デバイス別、曜日別、時間別、地域別の売上分析や、カゴ落ち率も分かる!
ECサイト アクセス解析レポート『DeeBoard for EC』

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP