SSP(Supply-Side Platform)とは

SSPとは、DSPとは逆に、媒体側の収益を最大化させるためのプラットフォーム(Supply-Side Platform)のことです。インプレッション毎にeCPMを算出し、基本的に1番高額と判断された広告が配信される仕組みです。実際は必ずしも入札額が高い広告が選ばれるわけではありません。SSPによりますが、ビットレスポンスの速さ、CVRなどが関係する場合もあります。

SSPの詳細解説は、関連記事からご覧いただけます。

DSP・SSPを使った広告配信

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP