ダイレクトレスポンス広告(レスポンス広告)とは

ダイレクトレスポンス広告とは、広告接触者から購買に繋がるレスポンスを得ることを目的とした広告のことで、企業やサービスのブランド向上を目的とする広告であるブランディング広告と対になる用語です。Web広告以外にもメルマガやDMなどもこれに含まれ、ユーザーの購買に繋がるポジティブなアクション(レスポンス)のみに目的を絞っているので、効果検証も行いやすい広告でもあります。

Web広告におけるレスポンス広告の効果指標としては、コンバージョンやCPAがこれにあたり、「コンバージョンを多く獲得する & CPAが低い」広告がレスポンス広告として優秀な広告となります。

例えば、「リスティング広告」は広告主が指定したワードを検索するユーザーを対象に広告を表示します。確度の高いユーザーを自社サイトに呼び込むことができるため、一般的にレスポンス効果の高い広告と言われています。

ただし、レスポンス広告で、費用対効果(CPA)を過度に追及してターゲティング条件などを厳しくすると、リーチ先が限られてしまうので、期待できる総売上額とCPAのバランス感覚が必要になってきます。

念のため、レスポンス広告とは広告手法、広告媒体の種類ではなく、「ダイレクトレスポンス(直接効果)を目的とした広告」の総称(概念)です。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP