PTD(Publisher Trading Desk)とは

PTD(パブリッシャートレーディングデスク)とは、メディアが提供する広告運用サービスを代行する組織のことです。トレーディングデスクと言うと、広告主側のイメージの方が強いですが、PTDはメディアの保有データを活用して、メディアの収益を最大化するための広告運用部隊と言えます。メディアのオーディエンスデータを用いて、自社メディアや外部メディアに広告配信を行います。

AOPに記載した通り、メディアが保有するデータは非常に魅力的です。このデータをDMPを使って分析、セグメント化します。このデータをもとに、自社以外の媒体も含めて広告配信を行うのがPTDの特徴です。配信先はAOPでパートナーとなった外部メディアや、自社が保有する別のメディア、DSPを使ってオープンオークションに参画する多数のメディアに広告配信を行うことも可能です。

これまでメディアは枠売り広告(純広告)を中心にマネタイズを行ってきましたが、運用型広告の進化により、それだけでは広告主のニーズに応えることが難しくなってきました。メディアにとってPTDは、運用型広告に対抗する、データを活用したマネタイズ手段とも言えます。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

DML監修『2,000円のアクセス解析レポート』

Googleアナリティクスのアクセス解析レポート「ディーボード」

DeeBoard(ディーボード)
Googleアナリティクスのログインすら面倒に感じる方へ。「誰でも普通に使える」アクセス解析レポート。
アクセス解析レポート『DeeBoard(ディーボード)』

DeeBoard for EC
通販サイト専用。商品別、性別、年齢別、デバイス別、曜日別、時間別、地域別の売上分析や、カゴ落ち率も分かる!
ECサイト アクセス解析レポート『DeeBoard for EC』

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP