Cookieシンク(クッキーシンク)とは

Cookieシンク(Cookie Sync)とは、Webサイト訪問やバナーインプレッション時に、そのユーザーに対して発行されたCookieを、別のドメインで発行したCookieに紐づけ、CookieIDを統合・マッピングする技術のことです。これにより、ユーザーのWeb上の様々な行動(Cookie情報)が1つに統合され、1人のユーザーに関する情報が豊富になります。

この技術は広告配信の効率化のためのターゲティングや、プライベートDMPを活用したCRMなどの目的で利用されるほか、広告接触者やサイト訪問者へのリサーチ(市場調査)でも利用されています。

WebサイトのCookie(1st Party Cookie)とDMPのCooki(3rd Party Cookie)のCookieシンク例

クッキーシンク

  1. DMPタグ(Webビーコン)が設置されたWebサイトにユーザーが訪問します。
  2. Webサイトはユーザーに対して1st Party Cookie(ID:AAA)を発行します。
  3. DMPタグが発火します。
  4. Webサイト(に設置されたDMPタグ)から画像がリクエストされ、DMPのサーバーへリダイレクトします。
  5. DMPサーバーはリクエストを受けて、Webサイトがユーザーに発行したCookie情報(ID:AAA)を取得しつつ、ユーザーにDMPのCookie(ID:BBB)を発行+ダミー画像を返します。
  6. DMPサーバーには、自身のCookieIDとWebサイトのCookieID情報がマッピングされます(※イメージ ID:AAA=ID:BBB)。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP