運用型広告とは

運用型広告とは、検索連動型広告(リスティング広告)に加え、アドテクノロジーを活用した運用によって、広告枠、入札額、ターゲット(オーディエンス)、クリエイティブ、コンテキストなどを、変動させながら出稿する方式の広告を指します。具体的には、リスティング広告のほか、アドエクスチェンジ、DSPなどのアドテクを活用した広告(アドネットワークも一部含まれる)が含まれます(純広告、タイアップ記事広告、アフィリエイト広告などは含まれない)。

純広告では「○○期間で○○円」「○○Impで○○円」のように、固定で広告枠の売買が行われますが、運用型広告では“入札”によって広告枠の金額が変動することが特徴です。運用型広告の場合、広告主は広告枠をCPCやCPMの入札方式で購入します。広告効果を運用によって、短期間に改善できることも特長で、運用者のスキルや利用する広告配信システムの機能により、配信結果が左右されます。例えば、リスティング広告では、広告を配信する地域、時間帯、入札額、デモグラフィック情報などのユーザー情報、配信先のWebサイトのコンテンツなど、広告効果を高めるためにいくつもの設定が用意されています。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP