ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは

ITPとは、Intelligent Tracking Prevention(インテリジェント・トラッキング・プリベンション)の略で、ユーザーのプライバシー保護を目的として、AppleWebブラウザ「Safari」に搭載されたトラッキング防止機能です。これにより、サイトを横断したトラッキング(クロスサイトトラッキング)に制限がかかります。

2019年現在もアップデートを続けており、リターゲティング広告の配信やコンバージョン計測への影響が大きくなってきました。マーケターは自社ユーザーのSafariブラウザ比率を確認し、影響度合いをチェックしておいた方が良いでしょう。

ITPによるSafariブラウザのCookie保持期間の変化

ITP 1.0

対象:iOS 11.0以降のSafariブラウザ

3rd Party Cookie
  • ユーザーの最後のインタラクションから24時間以内

ITP 2.0

対象:iOS 12.0以降のSafariブラウザ

3rd Party Cookie
  • Cookieを即時破棄
1st Party Cookie
  • ユーザーの最後のインタラクションから30日以内

ITP 2.1

対象:iOS 12.2以降のSafariブラウザ

1st Party Cookie
  • ユーザーの最後のインタラクションから7日以内

ITP 2.2

対象:iOS 12.3以降のSafariブラウザ

1st Party Cookie
  • ユーザーの最後のインタラクションから24時間以内

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP