広告IDとは

広告IDとは、AppleやGoogleなどのプラットフォーム事業者からアプリ開発者に提供され、ユーザーがオプトアウトできる、匿名かつユニークな広告配信識別用IDのことです。リターゲティングやインタレストベースの広告配信に利用されます(アプリでの広告配信のみ、ブラウザは非対応)。

スマートフォンアプリ広告では、これまで「端末識別ID(AppleではUDID(Unique Device IDentifier)、GoogleではAndroid ID)」が利用されてきたが、これには「ユーザーが自由に削除、オプトアウトできない」などのプライバシー保護上の問題があり、2011年頃から段階的に廃止されてきました。これに代わるIDが広告IDです。

広告IDは、プラットフォーム自体が提供するIDなので、各ユーザーが使用しているアプリや、そのアプリの使用状況などの情報を持っており、精度の高いターゲティングが期待されています。ただし、利用できる範囲がアプリに限定されているので、ブラウザではCookieを利用したターゲティングがまだまだ主流となりそうです(2015年3月現在)。

Appleの広告IDは「IDFA(Advertising Identifier)」、Googleの広告IDは「AAID(Google Advertising Identifier)」になります。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP