ARPU(Average Revenue Per User)とは

ARPUとは、Average Revenue Per Userの略で、ユーザーあたりの平均売上額のことです(「アープ」と呼ぶこともあります)。月額課金サービスなど、サブスクリプションモデルのビジネスで使用される指標であり、売上額÷ユーザー数で算出できます。

似たような指標にARPPU (Average Revenue Per Paying User)がありますが、ARPPUが課金ユーザーのみが母数になっているのに対して、ARPUはサービス提供を受ける全ユーザーが母数となります。そのため、ARPPUよりも低い数値となります。

また、課金率が高いサービスの場合、ARPUとARPPUの差は小さくなります。反対に課金率が低いサービスの場合、ARPUとARPPUの差が大きくなります。

ARPU、ARPPU、課金率を算出することで、自社サービスの売上がサービス提供を受ける多くのユーザーに支えられているのか、一部のコアユーザーに支えられているのかを把握できます。

これにより、無料ユーザーの課金率を上げる施策に取り組むべきか、課金ユーザーへのアップセル施策に取り組むべきかの判断材料が得られます。

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。Webマーケティング用語一覧|デジタルマーケティングラボ

デジタルマーケティング一般用語

Webマーケティング効果指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

Sponsors

Digital marketing makes
you a sexy marketer.

PAGE TOP